透明感とは程遠い・・くすみの原因と対処法を知ろう!

透明感とは程遠い・・くすみの原因と対処法を知ろう!

血行不良によるくすみ

透明感のある肌は女性の憧れでもありますが、透明感のある美肌とは程遠い「くすみ」に悩んでいる人も多いのではないでしょうか。顔がくすんでしまう原因は様々です。その1つに血行不良が挙げられます。血液の流れが悪くなると顔が青っぽく、くすんでしまうことがあります。血行不良が要因の場合、血液の流れを良くするために運動をしたり、お風呂に入るといった対策が有効です。さらに血液の流れをサラサラにする、ビタミンEを積極的に補うのも良いでしょう。

糖化で黄ぐすみを起こす!

年齢を重ねるにつれ黄ぐすみが気になるという人が増えます。黄色っぽい顔のくすみは肌の糖化が原因です。タンパク質と糖質が結びつくと褐色の物質が作られます。この物質が原因となり肌が、黄色っぽく見えてしまうのです。糖化を予防するには日頃の食生活を変える必要があります。特別な食事をする必要はなく、血糖値が急激に上がらないよう食事の最初に野菜やキノコ類を食べるといったことでも、十分糖化予防になると言われています。

ファンデーションが原因の場合も

夕方になると肌がくすんで見えるという場合は、ファンデーションが原因かもしれません。特に皮脂分泌が多い人は、ファンデーションでくすみやすいようです。皮脂とファンデーションが混ざり合うことで、ワントーン暗い肌になってしまいます。この状態で上からファンデーションを塗り重ねても、さらにくすみが増してしまうだけです。一旦、ファンデーションをティッシュで拭き取ってから、お化粧直しをすることによって夕方のくすみを解消できますよ。

品川美容外科の起訴について調べる