薬草の蒸留水を使って、極上肌を手に入れよう!

薬草の蒸留水を使って、極上肌を手に入れよう!

肌荒れを改善するシンプルな極意

ほどんどの女性が人生で一度は肌荒れに悩んだことがあるのではないでしょうか?肌が荒れると、何か特別なケアをしなくてはと焦ってしまいがちですが、肌ドラブルには、水分と油分を正しく補給して、食生活を整えれば治っていくというシンプルな極意があるのです。普段何気なく行っていることを正しい方法にするだけでも、肌は大分改善するんですよ。

月桃の葉から化粧水を作ろう

肌に補う水分は、パラペンなどの化学薬品を含まない、なるべく無添加の化粧水で補うことが原則です。最近は、沖縄で採れる月桃(げっとう)の葉を蒸留したハーベルウォーターが話題となっています。月桃は殺菌・抗菌に優れていて、ニキビを治したり、シミ・シワにも効果がある薬草です。作り方は、しっかり陰干しした月桃の葉を鍋に8分の1くらい入れ、たっぷりのお湯で水が半分になるくらいまで煮出します。最後にグリセリンを少々いれたら出来上がりです。冷蔵庫で保存して、1週間くらいで使い切りましょう。このハーベルウォーターを肌に付ける際は、まずスチームタオルで顔を覆い、毛穴から化粧水が浸透しやすい状態にします。次に、化粧水をたっぷりしみ込ませるつもりで、手のひらでしっかり顔を覆うように付けていきましょう。

自分に合う化粧水を探そう

市販の化粧水には様々な種類がありますが、評判が良いからといって自分の肌にも良いと決め付けるのではなく、自分に合うものを探し出すことが大切です。そうやって探求することも、自分の肌質を理解するためには必要だといえます。

品川美容外科の起訴について詳しく